こんにちは、かとうと申します。当サイト「チラシ制作のDTC~デザイン・テーマ・キャッチコピー~」では、より良い広告効果を見込めるチラシ制作のノウハウを紹介しています。

当サイトのコンセプトであるチラシ広告が、受け手側に良い印象を与えるポイントを簡単にまとめてみました。

チラシを見て行動してもらうにはチラシを受け取った人の立場で作ると、理解を得ることができるはずです。理解してもらうことで、それは好感度に変わります。そしてそれに好感を持つと、人は行動に移るとされています。相手が得をしたと思えることの第一は、安価ということだといいます。しかし、競合する店も同じ価格ならどうなるでしょうか。そんな時は、人は好感を持ったお店に行くものです。それはサービスの良さというのも大きく影響します。

また、客に与えられる特典というのもあります。それがたとえ先着何名という限定されたものであっても、誠意があれば客は反応し、行動するものです。そこに楽しいイベントが組まれていると、行く人の数も増していきます。誠意を持って客を迎えるという態度のことをサービスといいますが、サービスというのはお店だけが持つものではありません。チラシを作るデザイナーにもそのサービス精神が必要だといわれています。お年玉としての特典を企画するにしても、その特売や特典に対する意欲を感じるデザインであることが、そしてそのチラシを片手に店に来てくれる行動をしてくれるかどうかも、デザイナーのサービス精神があるかどうかにかかっています。

何かをするというときの動機づけのことをモチベーションといいますが、チラシの目的はモチベーションが上げて、購買意欲を起こさせることでもあります。デザインはその商品、イベントの魅力を見る人に伝えるものです。行動への機動力といったものを生み出そうとするものです。あくまでも魅力はその商品からくるものでなくてはいけません。必要でもないのに買わせたり、安く見せかけて買わせるちおうのは詐欺に近いものです。プラスへ導くことが重要です。

各ポイントで気になったものがあれば他掲載記事にも詳しい説明をしていますので、参考にしてください。

皆様がより良いチラシ制作ができますように…。

チラシ制作のDTC~Design・Theme・Copy~のTOPへ