チラシの広告効果というのは、メディアの中でもかなり高いといわれています。チラシが経済を支えているという人もいます。もちろん、消費者の身近でその機能を果たしているという点では、私達の暮らしの根本を支えているのがチラシともいえるかもしれません。ここがチラシのデザインがもっと評価されてもいいのではないかというポイントです。人を動かすことがデザインなのだから、チラシには大きな価値があるといえるのです。

こうしたメディアであるチラシは、デザインをフルに活用する必要もあります。折込チラシのデザインというのは、チラシの専門の会社が担当してきました。そこに、驚くべきデザインのスキルが発揮されています。それは究極の技法とも呼べるものだといいます。チラシの中には、映画や演劇のためのものがありますが、アート的要素が多分にあって、見る人を楽しませています。収集家もいるぐらいです。チラシには伝えるべきメッセージが必ずあります。セールだったり、商品の情報だったり、イベントの告知など、様々な目的があり、そして異なった戦略をデザインを練っていきます。もちろん、その主な機能は、知らせる、理解させる、行動させるです。知らせるためには目に付きやすいものでないといけません。理解させるためには、分かりやしデザインが必要です。行動させるためには、得する情報やサービスを盛り込むのが大切です。

デザイナーはこの3つの機能をセットする必要があります。そのために、色や形、文字を使っているのです。見るのは人です。人の心に訴えるデザインにするのがデザイナーの使命なのです。チラシデザインは満足してもらうというプロの意識が結集しているといえます。

チラシ制作のDTC~Design・Theme・Copy~のTOPへ