デザインというのは、デザイナーの単なる感覚で作るものではありません。感覚というのは非常に大切ではありますが、自己満足になってしまったり、お客様にアピールすることができなければ困りものです。やはりイベントの魅力も大切ですが、メッセージを十分に伝えるということがチラシのデザインではとても重要な問題となってきます。デザイナーがいくら満足しても、その結果が不十分な場合、その責任を負うという姿勢は必要です。

やはり大切なことは、デザインというのは作りっぱなしではだめということ。そのために、チラシによっては、どの程度の反応があるかを予測するのが必要となってきます。これは、初心者が行うのは難しいことになってきます。経験的な情報というものが少ないためです。ベテランがするべきこととなります。これまでどのようなデザインが効果を上げたかということを参考にして、作業を進めることが大切です。過去の実施例がある場合には、クライアントに対して、それまでの、該当するチラシと売上のデータや来客データをできるだけ提示してもらうこと。これらのデータは直接デザインに反映されなくても、アイディアを考える上で大きな参考となるのです。過去のデータがない場合は、今回担当したチラシによって、どのような反応があったかを克明に記録するということが、これからのための貴重な資料となるのです。

こういったものは、デザインに反映されることがなくても、アイディアを考える上ではとても参考になるものです。過去のデータがない場合には、今回担当したチラシによって、どのような反応があったかを測定したり、効果を見たり、記録することが大きなメリットとなるのです。

チラシ制作のDTC~Design・Theme・Copy~のTOPへ