写真の魅力を引き出す方法を知ろう

メインの要素として大きく使われる画像・写真においては、ただ宣伝したい要素を伝えるだけではなくビジュアル面での美的要素というのも求められることとなるでしょう。構図を整えることで、写真の魅力を最大限まで引き出すことができます。 もちろん、写真や構図に関する知識がなかったとしても、デザインにおける初歩的な決まりをふまえてレイアウトをうみだしていけば、元となってくる写真の良さを最大限にいかすことができるはずです。構図を整える際は「3分割法構図」という方法がよく使われます。被写体となるものを写真の中央部にもってくる構図を「日の丸構図」といいますが、これに対して3分割法構図では、全体を3×3に分割して、その線が交差する4つの点のどこかに被写体を配置します。3分割した線上にメインの被写体を配置すると、緊張感がありながらも、バランスのよい構図になります。また、被写体が中心からずれることによって動的な印象が生まれ、写真にストーリー性が感じられるようになります。 写真を複数扱う時も注意が必要です。まず、同じ重要度の写真を複数枚配置する場合は、写真自体の大きさや配置位置を揃えることに加え、被写体の大きさも揃えることが重要です。被写体の大きさが不揃いだと、読み手はその大きさの違いに何らかの意図があると感じてしまい、本来伝えたい情報とは異なる印象を与えてしまうことがあります。 被写体の大きさが不揃いの写真がある場合は、トリミングして、それぞれの写真の余白が同程度になるように調整します。被写体の大きさを揃えると、視線移動が一定になり、視認性も高まります。