空間を生かしたトリミング

写真によっては、トリミング次第で未来を思わせる写真や、過去を思わせる写真、または奥行き感のある写真にすることができます。 被写体を写真の中心からずらしてト リミングすることで、空聞に意味を持たせることができます。例えば、人物が横を向いた写真のように、被写体に方 向性がある場合は、被写体の視線の先に空間を設けることで「未来」を思い描いている印象を与えることができます。逆に背後に空間を設けることで「過去」を思い出して いるような印象を与えることができます。 また、同じ写真であっても、トリミングで「寄りの写真」にするか、「引きの写真」にするかで紙面の印象は異なります。そのため、どの情報を優先して読み手に伝えたいかによって、メインで使用する写真のトリミング方法を検討します。引きの写真を大きく使うことで、被写体の「大きさ」や「置かれている状況」をはっきりと伝えることができます。迫力はなく、整然とした印象になります。逆に寄りの写真にすることで、「素材の状況」や「味・食感」などのディテールが協調されるため、五感に訴えかける印象になります。また、レイアウトにもインパクトが感じられます。 もうひとつ、フェース率というものをご存知でしょうか。フェース率とは、人物画像における「顔の占める割合」のことです。画像に対して顔の占める割合が大きくなるにつれて「フェース率が高い」と表現されます。フェース率が高くなればなるほど、信頼感・知的・野心的などの印象が強くなり、逆にフェース率が低くなればなるほど、肉体的な魅力が協調されます。選挙ポスターなどでは信頼感や知的な印象を与えるために、使われている写真のほとんどはフェース率が高くなっています。