写真イラストについて

チラシ制作において写真やイラストは、お買い上げいただくお客様の頭の中に残る(または刷り込まれる)イメージとしてとても重要です。注意すべきは購入後の自分をイメージさせる写真やイラストを作成すること。よくテレビCMで(特に食品関連で)繰り返し繰り返し美味しそうに食べる映像を流すものを見受けますが、これは無意識の中で映像として記憶させて何かのきっかけがあればそれを思い出すというもの。よく使われる手法です。これをチラシにも当てはめることができます。まず食品についてですが、購買意欲を最も高めるのに効果的なシーンは食べる瞬間の少し前ということになります。これがベストイメージです。例えばお酒を口に運ぶ瞬間、この瞬間が購買者にとって一番の至福のときだからです。そのあたりをイラストや写真で伝えるといいと思います。衣料品においては、誰にでもある変身願望や自己顕示欲をくすぐって購買に結びつけましょう。その人が求める服を着て颯爽と街中を歩く姿や、周りから羨望の眼差しで見られているところなどをビジュアル化すると良いでしょう。購買者はその服を着た瞬間をイメージできます。ワクワクする瞬間です。家電製品、車、住宅などについてはそれぞれを使っている様子を想像させることができればより効果的です。車であれば街中や高速道路で乗り回している様子、テレビであればみんなでサッカー観戦で盛り上がっているところなど興奮のイメージを盛り込むことが大切です。購買者が、この興奮をそれぞれを購入することによって享受することができると思わせることができれば、それは効果的なビジュアルということができます。最高の喜びや興奮をビジュアル化することにより、その商品の価値を最大化させます。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です