インフォメーションテクノロジーとAIの台頭は今後の社会そのものを変えていくことの最大要素であると思います。仮想現実という世界観やバーチャルという世界は人の感覚を補完して、出来ないことをできることも大変な魅力です。色々な業界でも、遠く離れたところでシュミレーションやモニタリングが可能で合ったり、世界各国の情報を調べる事が可能で合ったり、人の五感を補ったり、増幅したりと、今までなかった現実の経験も仮想現実上で経験し積み重ねることなどもできる。人やもののつながり方自体も大きく変わり、広がり。パーソナルな情報もアーカイブ化し管理する事も簡易に出来ることができる。デジタルとは0と1であるわされる情報であるが現在では、脳にその電子化も可能だという話も出ている。デジタルに置き換える事が出来ると整理や応用ができ運用や複製などが可能となる。それは、例えば病気やなにかしらのハンデを抱えた人にとってはまさに神のテクニックともなり得る。インフォーメーションテクノロジーは簡単に言うと繋がる技術であるといえると思います。日本は四季が強いと言われる事があります。季節の機微が多種多様で感じられ、いわゆるアナログな部分の感じる事はデジタルで完全に置き換えるにはまだまだ大変な技術が必要です。天気予報に使用されているコンピューターでの地球シュミレーターなどは世界トップレベルの技術のすいを極めたものであるがそれでも、確率的には数十分のレベルでは当たる確率は格段にすごいらしいのだが、1週間、1ヶ月の単位での予報は的中させるのが中々難しいそうです。